黒ずみクリーム 安い おすすめ

安い黒ずみクリームならこれがおすすめ

コスパが良いと人気の黒ずみクリームを厳選!

 

イビサクリーム

 

スキンケア大学で紹介された人気の黒ずみクリーム!

 

医薬部外品だから黒ずみに期待できる!

 

抗炎症作用・保湿性のある植物成分配合で肌に優しいのがポイント。

 

ヒアルロン酸やローズ水配合でしっかりお肌を保湿し美肌効果も高い!

 

アルコールやパラベンフリーで安心。

 

28日間なら全額返金保証もOK!

 

 

ハーバルラビット

 

女性が大好きな野ばらの香り!

 

うさぎのパッケージも可愛く黒ずみクリームとわかりにくい!

 

コンビニ払いは手数料が無料!

 

最大40%も割引になるお得な定期コースもあり!

 

 

 

ホスピピュア

 

モンドセレクション受賞!

 

定期便なら3,500円もお得!

 

90日間の返金保証もあり!

 

 

 

ヴィエルホワイト

 

初回は980円からお試しできる!

 

リポソーム化メラニンブレーキ成分配合。

 

返金保証期間は120日間もあるので安心!

 

 

 

ホワイトラグジュアリー

 

2016・2017モンドセレクション2年連続受賞!

 

単品購入も定期便購入もOK!

 

90日間の返金保証あり。

 

 

 

安く買うなら定期便!

黒ずみクリームを安く購入したい人は『定期便』の利用が一番です。

 

単品購入の場合、黒ずみクリームは1万円近くもする商品もあるため、非常に高級品!

 

毎月1万円の出費と聞くと、「本当に続けられるのかしら?」と不安になってしまう人もいますよね。

 

毎月千円や二千円だったら、気軽に始められるけど、さすがに1万円近い金額を定期購入となると、かなりの勇気が必要になります!

 

定期便だったらちょっと高くて手が出しにくい黒ずみクリームでも、大幅値引きで続けられやすい価格で入手できるので、非常にお得です!

 

もともと、黒ずみクリームは、数回リピしないと、十分な結果は得られにくいので、定期便の条件である指定回数が、よほど多くない限りは、結果を出すためには必要最低限の出費と言えます。

 

通常、3回(3カ月)程度の継続購入であれば、定期便としては一般的な回数です。

 

さすがに6回(6カ月)以上となってくると、定期便の条件としては、ちょっと要求が厳しい部類に入りますので、契約をする時には、慎重に検討をする必要があります。

 

定期便はお得ですが、指定回数は継続購入しないと解約できないので、本当に継続できる回数なのか、ちゃんと事前に確認する必要があります。

 

 

 

返金保証も当たり前!

そして黒ずみクリームを購入するのであれば、『返金保証』があることも大事です。

 

今、ネット通販で人気の黒ずみクリームは、ほとんどで『返金保証』をしています。

 

期間はそれぞれの黒ずみクリームによって違いますが、肌に合わなければ、使用済みでも返金してくれるのが『当たり前』になっているのです!

 

返金保証をしてくれるのは、ネット通販で販売している黒ずみクリームの大きなメリットです!

 

市販のドラッグストアなんかでは、黒ずみクリームの返金保証はしていないので、万が一肌に合わなかった時には損してしまいます。

 

ネット通販の黒ずみクリームの方が、肌荒れした時のリスクが低いため、肌荒れが心配な人は、ネット通販で黒ずみクリームを購入することをおススメします。

 

ただし、返金保証には、『条件』があります。

 

返金保証のためには、電話で連絡を入れて、指示された通りに商品を返品する必要があります。

 

期間も当然、守らないといけません。

 

返金保証は、購入者が条件を守れば、しっかり対応してくれますが、電話連絡を怠ったり、返品に必要な物が揃えられないと、対応してもらえずトラブルになってしまいます。

 

そのため、期間を守って、条件通りに返品をすることがデキる人じゃないと後になってから揉めてしまいます。

 

 

 

最後は自分の好み!

黒ずみクリームには色々な種類があるため、最終的には自分の好みで選ぶことになります。

 

肌は弱くて肌荒れを心配している人は、返金保証を重視して、返金保証期間が長いとか、返金保証の手続きがしっかりしている黒ずみクリームを選ぶべきです。

 

また、価格がネックになっている人は、初回のお試し価格が安いとか、定期便の割引率が高い黒ずみクリームを選んだ方が満足できると思います。

 

また、品質などを重視したい人は、プロの専門家が監修している黒ずみクリームが良いでしょうし、とりあえず黒ずみクリームを使ってみたいと思う人は、メディアなどで数多く紹介されている人気の黒ずみクリームから始めてみると良いでしょう。

 

ネット通販の黒ずみクリームは、基本的に定期便や返金保証がしっかりついている商品が多いため、近所のドラッグストアなどで購入するよりも、失敗した時のダメージが少ないと思います。

 

少しでも黒ずみクリームで失敗したくないと思っているのであれば、まず最初はネット通販の黒ずみクリームを試してみることをおススメします。

 

もしも肌に合わなければ、お金はちゃんと返ってきますので、少し高めのクリームでも、思い切って挑戦してみることが出来ます!

 

基底層まで届かない黒ずみクリームはNG!

メラノサイトは角質層ではなく基底層で作られる!

黒ずみクリームで効果がないものは、角質層までしか成分が届かないものです。

 

実は黒ずみケアをするためには、メラノサイトが発生されている『基底層』まで有効成分が届かなければ、意味がないのです。

 

黒ずみクリームは、どれも同じような成分を使っているので、どれも同じように見えますが、高い黒ずみクリームほど、しっかり基底層へ有効成分が届くような工夫がされています。

 

それがただの黒ずみクリームと、効果がある黒ずみクリームの違いとなり、大きな差になってきます。

 

実際に、どんな成分が使われているのかも大事ですが、それ以上に、有効成分がちゃんと必要な部分に届いているかどうかというのが、結果を左右します。

 

ただ有効成分の配合量が多ければ良いと言う問題でもありません。

 

しっかりした黒ずみクリームは、それだけ研究されて、患部へ有効成分を届けやすい処方になっているから高いのです。

 

数が多いだけに、どんな黒ずみクリームを選べばいいのか、悩んでいる人も多いと思いますが、もしもこれから黒ずみクリームを選ぶのであれば、有効成分や配合量だけではなく『浸透力』を重視することをおススメします。

 

ちゃんと奥まで浸透するように出来ている黒ずみクリームは、やはり効果も違ってきます。

 

どんなに良い成分を使っていても、浸透力がなければ結果はついてきません。

 

 

美白成分は刺激が強い!?

黒ずみクリームの成分は、トラネキサム酸やビタミンCなどの美容では定番の成分を使っています。

 

美白に効果があるとされている化粧品に多く含まれている成分です。

 

しかし、美白に使用される有効成分というのは、『刺激が強い』という傾向もあります。

 

特にビタミンCは濃度が高いと、肌荒れを起こしてしまう人も多いです。

 

一般的にビタミンCは体や美容に良い成分だと思われていますが、濃度が高い場合は、ヒリヒリとした痛みを感じやすく、黒ずみクリームのように、デリケートゾーンに使用することが予想されているアイテムの場合、敏感肌の人は注意が必要になってきます。

 

高濃度の方が、黒ずみに対しての効果は非常に高いですが、それだけ有効成分の副作用も出やすくなりますので、肌が弱い人は気を付けましょう。

 

黒ずみクリームには、乳首など黒ずみが目立つデリケートゾーンに使用しても、安全な成分を使用していることが多いですが、絶対に肌荒れをしないという保証はありません。

 

人それぞれ、苦手にしている成分があったり、肌質との相性もありますので、もしも一回使ってみて、肌荒れなどの不安が残る場合は、黒ずみクリームの返金保証を使って、返品するのも大事です。

 

肌に合わない黒ずみクリームをいつまで使っていても、肌荒れの可能性が高くなるだけになってしまいます。

 

返金保証を上手に使う!

使用済みでも返金できる!

黒ずみクリームで失敗しないためには『返金保証』を上手く使うことです。

 

返金保証の効果が一番発揮されるのは肌に合わなかった時です。

 

開封済みでも対応してくれる返金保証は、これから黒ずみクリームを使ってみたいけど、失敗したくないっていう人にとって、非常に安心感があります。

 

実際に使ってみてから、返品とか返金がデキるというのは、大きなメリットだと思います。

 

ネットで販売されている黒ずみクリームは、返金保証が採用されている商品が多いため、万が一のことを考えると、ネットで黒ずみクリームを購入した方がおススメです。

 

特にネットで販売している黒ずみクリームは、医薬部外品も多く、市販のドラッグストアなどで売っている黒ずみクリームよりも種類が多いので選ぶのも楽しいです。

 

ドラッグストアなどでは、あんまり黒ずみクリームの種類が置いていないので、気に入ったものが見つからないこともあります。

 

やはりどうせ購入するのであれば、納得できる黒ずみクリームが欲しいですよね。

 

種類が多すぎても悩みますが、種類が少なすぎても、選ぶのが難しいです。

 

また、ネット通販の良いところは、やはり店頭販売とは違い、店員さんと顔を合わせないで黒ずみクリームを購入できるところです。

 

黒ずみクリームは人に見られると嫌なものなので、通販の方が安心できます。

 

人目が気になる人は、対面販売はお勧めできません。

 

 

 

商品・箱・納品書は保管

また、返金保証をする場合には、多くの場合、返品に必要になるものが3つあります。

 

それは、『商品・箱・納品書』です。

 

うっかり最初に納品書を捨ててしまうと、返金保証制度を利用できなくなってしまうので、気を付けないといけません!

 

返金保証は、「解約します」と連絡をすれば、誰でも適用されるわけではありません。

 

返品指定されている商品を送り、確認されてから、返金をしてもらえるのです。

 

そのため、商品・箱・納品書のどれか一点でも欠けてしまうと、後で返金保証を利用したい時に、トラブルになってしまいます。

 

それぞれの黒ずみクリームによって、返金保証は条件が多少変わることがありますが、一般的には、商品・箱・納品書の3つがよく条件になっていますので、事前に確認しておくようにしましょう。

 

返金保証をしようと思っていても、条件を読まずに必要な手順を踏まないと、返金はされません。

 

返金を受けるにも、多少の面倒は発生しますので、制度を利用したいと思っている人は、しっかり条件を把握しておきましょう。

 

小さい文字で、「知らなかった!」という人が多いですが、契約内容をよく読まないで、安易に契約に同意したりする人が多いのも事実です。

 

「知らなかった」では済まされませんので、返金保証の申請方法について、購入前からちゃんと準備しておきましょう。

お得だけど気を付けないといけない『定期便』

定期便は指定回数まで解約できない

黒ずみクリームの購入で最近利用している人が多いのが『定期便』です。

 

買い忘れに注文がなく、送料も無料になり、単品購入よりも、大幅な割引があるのが魅力です。

 

しかし、定期便にもデメリットはあります。

 

それは定期便の場合、いつでも解約ができないことです。

 

単品購入した場合は、商品の代金を支払い終わったら、そこで終了です。

 

しかし、定期便の場合、指定回数分だけ継続購入しないと、解約ができないようになっています。

 

つまり、定期便はいつでも勝手に解約ができないのです。

 

そのため、指定回数分を購入する前に、途中で解約したくなった場合、トラブルが起きやすくなっているのです。

 

こうした定期便の解約を巡るトラブルは多くなっており、多くの場合、定期便の安さだけに惹かれてしまい、定期便の条件をまともに読んでいなかった消費者に落ち度があるケースが目立ちます。

 

そのため、後で解約したくなっても、なかなか自分の希望通りにならないで、黒ずみクリームを巡って、大きな問題になる可能性があります。

 

黒ずみクリームだけではなく、定期便の多くに、最低購入回数のノルマが課せられていますので、それをクリアしない限り、解約は難しいと、しっかり事前に把握しておくことが重要になってきます。

 

自分に都合のよい部分だけを読むのではなく、定期便を解約したくなった時の注意書きほど、しっかりチェックする必要があります。

 

 

 

 

電話連絡をしなければ解約できない

また、黒ずみクリームの定期便で気を付けないといけないのが、解約をする場合、電話連絡のみというケースが多いことです。

 

解約は直接の電話連絡を必要としていますので、メールだけでは解約できません。

 

特に解約をするのには、次回の定期便のお届け日程の○日前と、しっかり期限が決められているケースが多いです。

 

そのため、電話連絡をしても、期限が間に合わなければ、次回の購入を止めることができません。

 

電話連絡をすることも、期限内に連絡をすることも重要なのです。

 

仕事などで忙しい人の場合、なかなか営業時間内に、電話をかけるチャンスがなく、期限内に連絡をすることが間に合わないケースもあります。

 

しかし、多くの場合、定期便での解約は、期限が過ぎたり、電話以外での解約については基本的に認めていないので、「忙しかった」などの理由で、解約方法を自分勝手に変えることはできません。

 

「メールすればわかるでしょ」と、自分勝手な解釈をしていると、解約できずに大きなトラブルに発展してしまう可能性がありますので気を付けましょう。

 

解約は指定の方法以外で行うことが出来ません。

 

自分が解約したい時には、ちゃんと黒ずみクリームの販売元が指定している方法で、解約する必要があります。

 

そうした手続きが出来ない人は、定期便を契約せずに、単品購入した方が揉めないで済む可能性が高いです。

黒ずみクリームの効果が出るまでどのくらいかかる?

3カ月程度の使用が必要

黒ずみクリームの効果が出るまで、どのくらいかかるかというと、基本的には3カ月程度と言われています。

 

たった1カ月くらいでは黒ずみクリームの効果は出にくいので、やはり継続して黒ずみクリームを使う必要があります。

 

黒ずみクリームは個人差がありますので、3カ月以上使ってもまだ効果がない人もいれば、3カ月よりも前に、効果を実感できる人もいます。

 

黒ずみクリームは、やはり体質や肌との相性によって、効果が出るまでの期間はまちまちです。

 

ただし、定期購入を使っても黒ずみクリームは、1本あたり4千円〜5千円程度はかかることが多いので、3カ月で1万5千円〜2万円はトータルの費用として掛かると思ったほうが良いでしょう。

 

黒ずみクリームをたった1カ月1本だけ使っただけでは、黒ずみは綺麗に全部取れません。

 

即効性がある薬ではないので、黒ずみクリームを使ってセルフケアをする場合は、根気よくケアをしていく必要があります。

 

3カ月になるまでに、経済的に苦しくなって、途中で止めてしまうことが多い失敗なので、黒ずみクリームは費用もすごく大きな問題になっています。

 

高すぎる黒ずみクリームは、次の購入が出来なくなってしまいますので、当然途中で挫折しやすくなります。

 

単品購入の方が、解約の電話連絡などもないので、気軽な部分もありますが、継続しようするには向きません。

 

 

リピートなら定期購入が圧倒的にお得

3カ月程度、黒ずみクリームを使用してみるとなると、やはり単品で購入するよりも、定期購入の方がお得になります。

 

単品購入の半額くらいで入手できる定期購入なら、3カ月続けやすくなります。

 

黒ずみクリームは、1本で1万円近くする商品も多いので、3カ月もリピートすれば、3万円程度の費用がかかってしまいます。

 

黒ずみクリームで3万円っていうと、なかなか高額な印象がありますよね。

 

皮膚美容化のレーザー治療だって、1回につき1万円〜2万円かかりますので、3万円だしたら、レーザー治療が1、3回受けられる計算になります。

 

しかも毎日しっかり黒ずみクリームを塗るとすると、黒ずみ部分が多い場合、毎月1本では済まない可能性も出てきます。

 

大量の黒ずみクリームを消費するとなると、単品購入をしているのは、経済的に苦しくなってきてしまいます。

 

そのため、少しでも経済的な負担を減らしたいのであれば、最初から定期購入を選んでしまったほうが、最終的に黒ずみクリームに支払う金額が、少なくなります。

 

リピすればリピするほど、黒ずみクリームの単品購入は割に合いません!

 

高額な黒ずみクリームの単品購入を続けるくらいだったら、美容皮膚科でレーザー治療をしっかり受けた方が、よほど確実に黒ずみ治療がデキると思います。

 

黒ずみクリームを使うのであれば、定期購入を使って、上手く節約しましょう。

黒ずみをつくる女性の悪習とは?

肌に刺激を与える『脱毛』

女性が黒ずみを作る悪習として、『脱毛』があります。

 

男性は自分でムダ毛の脱毛をしている人は少ないですが、女性の場合は、大体脱毛をセルフケアしていますよね。

 

それこそ、小学生くらいから、女の子の場合は、ムダ毛を処理するのが当たり前になっています。

 

長い年月セルフケアで、ほぼ毎日ムダ毛を処理しているのですから、脱毛による肌への刺激は、相当蓄積されています。

 

黒ずみは、肌が刺激を受けたことによって生じる一種の防御反応です。

 

そのため、脱毛によって、長期にわたり、肌へのストレスを与えるということは、当然黒ずみを起こりやすくしてしまいます。

 

特に脇の黒ずみの原因は、脱毛が大きな原因になっています。

 

何度も何度も、脱毛処理をすることによって、肌のメラニン色素が過剰分泌された結果、黒ずみになってしまうのです。

 

普段はそれほど脇を見せることはありませんが、やっぱり春から夏になった時、半袖やノースリーブを着ていると、脇を他人に見られてしまう可能性があります。

 

脇が黒いままでは、やはり印象が悪いので、少しでも改善したいと思いますね。

 

黒ずみのケアを始めるのであれば、やはり春夏になる前がおススメです。

 

特に黒ずみクリームは、結果が出るまでに90日間くらいはかかると言われていますので、秋や冬からじっくり使い始めるのが良いタイミングです。

 

 

 

肌の摩擦から刺激を与える『下着』や『生理用品』

そして、黒ずみは下着が生理用品の影響も受けます。

 

どんな下着が黒ずみに悪いかというと、サイズの合っていないきつい下着です。

 

女性の場合、産後太りしてしまった場合、出産前のきつい下着を着続けてしまうと、黒ずみがつきやすくなってしまいます。

 

更に、生理の時にナプキンを使っている人は、やはりナプキンと肌がこすれてしまい、黒ずみなりやすくなります。

 

そのため、ナプキンの摩擦で黒ずみがつきやすくなってしまっている人は、ナプキンではなく、思い切ってタンポンを使ってみるのもおススメです。

 

タンポンは最初に使うまでは勇気が要りますが、一回使ってみると、長時間使用も出来ますので、ナプキンよりも便利です。

 

タンポンを使用したまま海やプールに入れますし、何よりもナプキンと違って肌の摩擦が起きず、ビキニラインの黒ずみの原因にならないことがおススメです。

 

しかし、タンポンも使い方を誤れば、体調を崩す大きな原因になってしまうので、気を付けないといけません。

 

タンポンを長時間使用するとトキシックショック症候群になってしまい、嘔吐や高熱が出る可能性もありますので、タンポンは使い方には気を付けましょう。

 

長時間利用できるとしても、基本的には、8時間以上は使用しないようにすることが重要です。

 

タンポンを使用できれば、ビキニラインの黒ずみの予防になる可能性があります。

肥満は黒ずみになりやすい?

股ずれによる黒ずみは経験者が多い

股ずれによる黒ずみになりやすいタイプに『肥満』があります。

 

太っている人は、歩いているだけで、股ずれを起こすことがよくあり、内腿が黒ずんでしまう人が意外に多いのです。

 

もともと肌が弱い人は、肥満になると、関節部分の肉と肉がくっついている部分でもあせもなどが出来やすく、あせもをガリガリと引っ掻いてしまうと、その箇所も黒ずみになりやすくなってしまいます。

 

肥満になると、肉と肉が重なり合う部分が多くなるのが原因なので、あせもが出来やすい体質の人は特に気を付けないといけません。

 

痒い部分を引っ掻いてしまうと、やはり肌が刺激を受けたことによる防御反応から、メラニン色素を過剰分泌する傾向があるので、黒くなりやすいのです。

 

そのため痒みが出た時には、爪で引っ掻くよりも、保冷剤を使って、痒みの部分を冷やすなど、肌への刺激を少しでも和らげる工夫が必要になってきます。

 

保冷剤をそのまま直接皮膚に当てるよりも、タオルで包んでから当てると更に刺激が軽減されます。

 

黒ずみは、肌への刺激が強いと、起こりやすくなりますので、痒みを肌に発症させないようにするのも大事なことです。

 

よくアソコの黒ずみがひどくなるのも、アソコが痒くなってしまい、爪で引っ掻いてしまうのが黒ずみの原因になるとも指摘されています。

 

また、肥満は糖尿病になりやすく、尿に糖が混じるようになると、アソコに痒みを感じやすくなり、アソコの黒ずみの原因にもなるので気を付けないといけません。

 

 

 

ダイエットによって改善できる

肥満による黒ずみを軽減するためには、やはりダイエットが必要になってきます。

 

黒ずみには、出産や授乳の影響によって、仕方なくなってしまう黒ずみもあれば、肥満のように、本来だったら、予防できるはずの余計な黒ずみがあります。

 

出産や授乳による黒ずみは、仕方のない黒ずみですが、肥満の黒ずみは、自分で気を付けていれば、極力避けられるため、自分の努力でどうにでも予防できます。

 

肥満体質の人は、やはり糖尿病などの生活習慣病にもなりやすいですので、太っていても良いことはありません。

 

黒ずみの予防のためにも、健康のためにも、肥満の場合は、ダイエットをしたり、生活習慣を改善することがポイントになってきます。

 

内腿は股ずれすると、最初のうちは皮が剥けて、かなり激しい痛みが出てきます。

 

お風呂に入ると、もう激痛で、股ずれの部分にシャワーなどが当たると、染みます。

 

そうした激痛の真っ赤な股ずれの後に、症状が落ち着いてくると、黒ずみが出てくるようになってきます。

 

肌の摩擦の刺激によって、黒ずみが内腿の部分に出来てしまうと、かなり目立ちます。

 

普段は人に見られない部分だけに、時間をかけて改善することはできます。

 

夏場はやはり水着になった時とかには、嫌でも目についてしまいますので、露出が多くなる夏前に、しっかり完治をするようにした方がおススメです。

抗えない加齢による『黒ずみ』

肌の再生が上手くいかなくなる

女性の黒ずみの原因の一つで多いのが『肌のターンオーバーが滞ること』です。

 

老化が進むと、体内の代謝が落ちてしまうので、肌の再生サイクルが乱れてしまい、色素沈着した肌がなかなか薄くなりにくくなってしまいます。

 

若い頃は細胞分裂が活発で、体内代謝が良いので、時間と共に、ニキビ跡やシミや黒ずみも、解決していきますが、年取ると、肌のターンオーバーが遅れることから、なかなか改善しなくなってしまいます。

 

彼による代謝不良を改善するためには、適度な運動をしたり、食事に気を付けたり、体内から若さをキープすることが大事になってきます。

 

見た目年齢も大事ですが、それ以上に、体内年齢も、黒ずみ対策では重要になってきます。

 

年を取ってからも、しっかり体を動かす人は、肥満になりませんし、適度に汗をかくことによって、体内の代謝も良くなり、肌のターンオーバーも上手くいきやすいです。

 

一番良くないのは、体内の代謝が悪くなって、肥満になってしまうようなタイプです。

 

太ってしまうと、股ずれなどで黒ずみになる要素が、また一つ増えてしまいます!

 

美容に為にも、やはり太り過ぎは良くないので、代謝が悪くなっている人は、体内を温めたり、運動をしたり、代謝を上げる工夫が必要になってきます。

 

代謝が上がり、肌の再生もスムーズになれば、黒ずみも時間と共に、改善されやすくなります。

 

 

 

保湿と角質除去で肌の再生をスムーズに!

自分で肌のターンオーバーが上手くコントロールできないと感じた場合、ピーリングを利用して、肌の古い角質を、定期的に取り除くのが効果的です。

 

そして、保湿をしっかり行い、肌がごわごわで硬くならないように気を付ける必要があります。

 

肌が乾燥してしまうと、古い角質が表皮で溜まってしまい、自然と剥がれ落ちにくくなってしまいます。

 

そのまま放っておくと、余計に肌はごわごわしてきますので、ピーリングを行った後は、しっかり水分補給と潤いを与えて、保湿するように気を付けましょう。

 

肌の保湿と角質除去を徹底することによって、肌のターンオーバーも早くなります。

 

そのため、黒ずみクリームには、美白成分だけではなく、保湿に有効な成分も多く含まれることが多いです。

 

肌を保湿することは、黒ずみ対策だけではなく、美肌を育てる上でも重要なことです。

 

特に夏と冬は、エアコンの影響を受けて、肌が乾燥しやすい時期ですので、乾燥肌の人は、しっかり保湿をしないと、あっという間に肌の調子が悪くなります。

 

肌の調子が悪い時は、手で触るとごわごわするので、すぐにわかります。

 

手で触った時に、ごわごわの感触が残るようであれば、それは保湿が足りない証拠です。

 

たっぷりコットンパックをして、クリームを使用しても、なかなか乾燥が改善されない場合、もう少し保湿成分の配合量が多いものを選ぶようにして見ると良いですね。

女性が黒ずみを感じやすい時とは?

出産や授乳後の黒ずみ

女性が黒ずみを感じやすい時は、出産や授乳後です。

 

妊娠中は女性ホルモンが原因で、メラニン色素の分泌が増えるので、乳首などが黒くなりやすい傾向があります。

 

また、授乳によって皮膚が刺激を受ける時も、メラニン色素が過剰に作られ、黒くなりやすいです。

 

女性は妊娠中から卒乳にかけて、黒ずみを気にする人が多くなるので、多少の黒ずみは誰にでもあることです。

 

時間と共に、乳首の黒ずみが徐々に良くなる人もいますが、やはり出産前の体に自然に完全と戻るのは難しい部分があります。

 

黒ずみは年齢と共に、より濃くなっていくので、放っておいても、黒ずみが改善されないケースが多いです。

 

乳首が真っ黒になってしまうと、人前に出るのが恥ずかしくなってしまったり、コンプレックスを抱きやすくなってしまいます。

 

特に温泉旅行や、パートナーとの性交渉において、乳首が黒いのは致命的!

 

乳首の黒さが気になってしまい、積極的に性交渉も楽しめなくなってしまう人がいます。

 

黒ずみというのは、あまり人に言いにくい悩みなので、一回気になってしまうと、頭から離れなくなってしまいます。

 

温泉などで、他の人の黒ずんでいない乳首を見て、自分の体が恥ずかしくなってしまいます。

 

温泉や性交渉を思い切って楽しむためにも、やはり乳首の黒ずみは、日頃のケアで、じっかく様子をみたいですね。

 

 

脱毛後の黒ずみ

また、脱毛後にも女性は黒ずみを感じやすいのが特徴です。

 

これまでムダ毛で隠れていた部分が明らかになったことで、以前よりも黒ずみが気になってしまう人が多いです。

 

特にワキやデリケートゾーンの黒ずみは、人に見られると、かなり恥ずかしい部分です。

 

そのため、どうにかしたいと思う人が多いです。

 

脱毛後も肌を綺麗に見せるために、最近はエステサロンでも、全身脱毛のコースに、美肌や美白のプランのある専門店もあります。

 

脱毛する時には、デキるだけ安くしたいと、美肌プランや美白プランを考えていないかもしれませんが、脱毛後に結局、セルフケアで黒ずみ対策をすることを考えたら、ある意味専門のエステで、黒ずみまでお手入れしてもらったほうが、一石二鳥の場合もあります。

 

脱毛の後に黒ずみで悩む人が多いと言う現実を、脱毛前はまだ知らない人が多いです。

 

脱毛後の黒ずみのケアが心配な人は、エステサロンで全身脱毛をする時に、最初から美白プランをつけておく方が、仕上がりが綺麗で、術後の黒ずみのセルフケアもそれほど苦労しなくて済むので便利です。

 

面倒くさがり屋な人で、経済的に少し余裕があるのであれば、黒ずみクリームを使ってセルフケアをするよりも、エステサロンで頼んでしまったほうが色々な意味でメリットが大きいかもしれません。

 

ただし、料金がかなりUPするので、金銭的な負担は大きくなります。